けけずんセルフハッキング

忘れそうなことをメモる。

「沖縄.ぬーやが#1 「2017年後期総決算」」に参加した話

タイトルの括弧が重複してるのが気になる。

先日R大学の後輩たちが主催する「沖縄ぬーやが」というLT大会に参加した。出張明けでしんどいなと思い元々は参加するつもりはなかったが、イベント当日になって興味湧いて参加することに。ネタ考えてないのに発表枠で参加表明、これが後に参加者全員に迷惑をかけることになる。皆ごめんね(´;ω;`)

というわけで、以下ダラダラと書いていく。

概要

元々R大学では新歓の一環として毎年LT大会を行っているが、今回のLT大会は新歓以外にもLTしようぜ!的なノリで実施したらしい。自分が学生の頃は自分達でイベントを企画して実施しようと考えたことはなかったが、今の学生達は行動力あって優秀だなー。

ちなみに「ぬーやが」とは沖縄の方言で、意味は「何か」だそう。 LTで「何か」発表してってことらしい。方言わからん。

LTの感想

各タイトル毎に感想を述べてみる、うろ覚えに。

沖縄ぬーやが始まります!@AnaTofuZ

主催者あなぐら氏による沖縄ぬーやが開会の挨拶。企画・運営してくれてありがとう。

Twitterと承認欲求@maeken2010

あの有名なmaeken氏によるLT。TwitterのRT&Favを稼いで承認欲求を満たしたい。ではどうすればRT&Favを稼げるのか?PythonのツールであるJupyter Notebookを用いて自身のTLから最もRT&Favが多かったTweetの時間、内容を集計して結論を導く。

導かれた結論は「木曜10時に画像つきのヤバイTweet」をすること。卒業研究発表会で座長を務めてる際ににしれっと上記の結論通りにTweetをした結果、そこそこRT&Favが稼げたそう。 さすがです。

今流行のGoogleColaboratoryを触った話@Intel0tw5727

丁度最近にymnさんから教えて貰ったGoogleColaboratoryを触ったという話。Jupyter Notebookをオンラインで実行できるだけでなく、GPUなどのリソースを無料で使うことが出来るらしい。

GPUって高くて簡単に手が出せないから、お金のない学生には嬉しいツールだよなコレは。

論文を広く浅く読む@akio_r

akio先生による論文の読み方というか、論文を読むための力を付ける話。ただ読むだけではなく、読んだ後に記録として残す。akio先生はYoutubeに映像として記録を残してるらしい。なぜYoutubeなのか、しかしその発想は素敵。

また「落合メソッド」という論文を読んだ時に効率よく情報を吸収できるフォーマットの紹介もあった。これは良いな。

可愛い女子大生のライトニングトーク♡@yu12co_m

可愛い女子大生による可愛い女子大生のライトニングトーク。しかしその実態はAlexaを使った漫才をするというLT。可愛いので良し。

スマートスピーカーは触りたいと思いつつ、結局触ってない。昨日家にGoogle Home Miniが来たのでしばらく遊んで見る。

日本のこころ短歌@AnaTofuZ

あなぐら氏による変態的なLT。プログラムのコンパイル時に吐かれるアセンブリ言語を短歌調にするという話。

吐かれたコードが五・七・五・七・七になっており、非常に趣がある。「アセンブラ短歌」というらしいが、ググってみるとちゃんとヒットする。これ思いついた人はかなり変態だと思う(褒め言葉)。

綺麗なコードを書く@tompng

ペンさんによるプログラミング初心者のためのキレイなコードの書き方、ではなかった。キレイなコードとは何かを突き詰め、実行可能な画像こそキレイなコードなのではという結論に至る。どうしてこうなった。

方法は、画像を文字列にエンコードしてその中にコードを記述し、最終的にデコードして元の画像に戻す(多分)。その画像は一つのプログラムとして実行出来る、キレイなコードである。

確かセスペの試験勉強時に使ったテキストに、画像ファイルと思い開くとプログラムが実行される罠がある、みたいなのが書かれてた記憶。こういうことなのか。

風の谷のまゆつな@mayutuna

まゆつな氏によるカラオケでの体験談を活かした話。nal研の方かな?

カラオケで縛りがあった際に即座に縛りに合わせた選曲一覧を出力する。確かに、カラオケでそういう流れが出来るときあるよね。持ち歌少ないと死ぬの分かる。

捕まるかと思った話@maeken2010

あの有名なmaeken氏によるLT。うっかりWebサービス脆弱性を見つけてしまい、運営に連絡すると内定を頂いたという話。

内容も面白いが、スライドで使ってた表現が面白かった。イラスト屋は優秀だ。

スライドを簡単に作る話@ryokka

Markdownで楽にスライドを作るツールを紹介する話。

いつもKeynoteでガシガシ書いてるが、Markdown使ってぽちぽちやる方が楽ちんだよな。一時期同じようなツール探してたのだが、しっくりくる奴がなくて結局Keynote使ってる。

PyCon?に行った話@Intel0tw5727

補助金でPyConに行った話。

運営側として行けば旅費が補助されるんだっけ?最後の部分は自分のスライド作るのに夢中だったのであまり話が聞けなかった、残念。

少しスッキリした話(デプロイについて考えてみた) @kkznch

自分が行ったLT。デプロイ環境ってどうあるべきかと考えた話。仕事のタスクでデプロイ環境構築をお願いされたのだが、何がベストか分からずに沖縄ぬーやが前日までずっとモヤモヤしていた。

今はGithubリポジトリをdeploy先で手動でpullしてデプロイするんだけど、普通にpullすると新規ファイルが作成された場合にファイルの所有者がpullしたユーザになってしまい、Nginxからアクセスが出来なくなってしまう。なので、deployするユーザをNginxグループに突っ込み、deployサーバのリポジトリの親ディレクトリにsetgidを仕掛け、且つdeployユーザのデフォルトパーミッションを664に変更して上述した問題を回避する、といった内容。

おわりに

自分は当日に沖縄ぬーやがに参加し、会場に入ってから若干の検証+スライド作成を始めた。元々自分のLTの順番は最後だったが、順番が回ってきてもスライドが出来ておらず。これLT無理ぽかなと思っていたが、後輩たちが二度目のLTをして引っ張るということで、その間にスライドを作る。気を遣ってくれて本当にありがとう...。次からは前もって準備してきます。

喋ってみて思ったが、もっとネタっぽいの話せばよかったな。自分がスッキリした話をして皆の前でオナニーしてる状態、あまりよろしくない気がした。しかし某人が「LTは自分が頭の中を整理するためにするもので、必ずしも皆を楽しませる必要はない」と言っていた記憶があるので、今回のLTもアレはアレで良かったのか自分としては。

沖縄ぬーやがのような学生主体のイベントは主催者だけでなく参加者全員のためになるはずなので、今後もこういった取り組みを行っていってほしいなと思う。それと必要かどうかはともかく、自分も社会人として学生側に有用な情報を伝えていけたらいいなと思ってる。

参考